プリザーブドフラワーを贈る

電報にプリザーブドフラワーを添えて贈る

電報にプリザーブドフラワーを添えて贈る 最近、結婚式やお誕生日などのお祝いにフラワー電報を送られる方が増えています。
それに用いる花がプリザーブドフラワーという特殊な加工をされた花です。
文字通り、数ヶ月から数年枯れることはありません。
ヨーロッパで生み出されたプリザーブドフラワーはもともとは生花を長持ちさせるために開発された技術でしたが、アレンジの仕方で贈り物に最適な花として用いられるようになりました。
普通の電報を送るよりもずっと華やかで、喜ばれるのはもちろん、長い間その時の感動や記憶を思い起こす美しい媒体としても重要な役割を果たしてくれます。
電報の種類には、ボックスタイプ、カードタイプ、グラスドームタイプなどがあり、自由に選べます。
電報を開いた時に喜ばれる相手の顔を想像するだけでも嬉しいものです。
また、長く飾っておけるので送った人の気持ちも長く、相手に伝えることが出来ます。
ネットで申し込むことが出来ますが、余裕を持って前日着で届けられるようにするのがよいでしょう。

ウェディングにプリザーブドフラワーを手作りしてみませんか

これからウェディングを控えている新婦さんは、プリザーブドフラワーでブーケやウェルカムボードの飾りを手作りしてみてはいかがでしょうか。
何かと忙しいご本人に代わり、新婦さんのご家族やご友人からのプレゼントとしても素敵ですね。
プリザーブドフラワーとは、生花の美しさや感触はそのまま保存できる製法や、それによってつくられたお花のことを言います。
最近では生花店でも見かけるようになったプリザーブドフラワーですが、作成に手間がかかるため、生花よりも価格は高めです。
大きなアレンジになるとかなり高額になりますが、実は自宅でも簡単に作成することができるのです。
専用の液体に生花を漬け込むという製法なのですが、使用する花材はできるだけ新鮮なものを選びましょう。
生花と違い、花粉などに配慮する必要がないため、ウェディングに使用する花材としてはどんなものを選んでも大丈夫です。
大切な役割を果たすプリザーブドフラワーとなりますので、練習を経て納得のいくものが作成できると良いでしょう。